トップページ > 医師の悩み > 開業しても大変な事に変わりはない

病院を開業することの大変さ!

ついに夢だった開業を果たしました!

しかし、開業をするということは、ここまで大変だとは思いもしませんでした。言うなれば、会社を一つ立ちあげるようなものですよね。今までは大学病院などで雇われていた身分ですが、雇う側となり、今まではとにかく働けば、お金が振り込まれていたものが、専門家に任せているとはいえ、お金の流れについても考えなければいけない。

なにより、その地域で信頼を勝ち取り、うちの病院を選択していただけるように頑張らなければならないので、全責任が自分の肩に乗っかっているような感じです。

開業しても医者は、人の命に関る仕事に変わりないと改めて思う

大学病院での20年余の勤務医を経験した後、今は町の開業医です。

大学病院時代は、医局の人間関係などの大変さはありましたが、やはり多くの症例と先輩の適切なアドバイスで、多くの事を学び、一人前の医者になったと、自覚できるようになりました。しかし、泊まりも多く、勤務は相当きついものでした。しかし、入院患者さんが退院されて行く姿を見るとやりがいを感じる事もできました。

しかし、若い医師に道を譲る必要もあり、一生大学の勤務医と言う訳にもいかず、思い切って開業する事にしました。ある駅前のビルの一室を借り、診療所を開設し、自宅からの通いです。内科であることもあり、夜勤もなく、夜中に急病でたたき起こされる事もありません。

この点は、開業医になって楽になりました。しかし、開業医は人気商売で、悪評が立つと患者さんは減り、経営は苦しくなります。私の知り合いにも、失敗し、開業医から病院の勤務医に戻った人もいます。すべてが、一人の判断なので、気楽な部分もありますが、手に負えなければ大学病院を紹介するなど、適切な判断が求められます。

医者は、どの道を選んでも、収入はそこそこよいですが、やはり人の命に関る大変な仕事です。



>> 人気ランキングを全て見る