トップページ > 職場別のケーススタディ > 大学病院に転職をする場合

大学病院に転職をする場合

現在、医師として働いておられる方の中には、大学病院を転職先として考えられている方もおられるでしょう。大学病院での医師の仕事は、一般病院とあまり変わりはありませんが、大学であることから教育や研修が多いという特徴があり、医師としてキャリアアップを目指すには最高の勤務先ではあります。

大学病院は、研究のために最新の医療機器を導入しているところも多く、新しいことを学びたい方にもお勧めの勤務先です。大学病院の場合は、専門の科を担当することになりますので、専門的な知識や技術を深めることが出来る職場でもあります。

大学病院の求人は、医師が活躍出来る医療機関の中でも数が少なめとなっています。大手の転職サイトであるリクルートドクターズキャリアで求人を探しても10件以下しか求人を見つけることが出来ないくらいなのです。地方ともなると、さらに求人件数は少なくなるでしょう。

しかし、大学病院の求人が全くないというわけではありません。大学病院へ転職をスムーズに行いたいという方は、大手の有名転職サイトを上手く利用して、転職先を探さなければなりません。

大学病院での医師の仕事は、医師本来仕事である患者さんの診察や治療に加えて、雑務を任されることも多く、敬遠されておられる方も多いのです。しかし、大学病院によってはそういった雑務を仕事内容に加えず、より医師が働きやすい環境を作ろうとされているところもあります。転職サイトのコンサルタントに相談をすれば、希望の大学病院での医師の仕事内容を確認してもらうことも出来ます。仕事内容を把握してから求人に応募するのも賢い方法だと思います。

また、公立の大学病院の場合は、Uターン医師を積極定に受け入れているところもあります。若い間は都市圏の病院で働かれていた方が、高齢を理由に故郷に帰ろうと思われた場合は、この大学病院を転職先の1つとして考えるのもいいでしょう。また、逆に医師としての経験が浅い若い方も、大学病院は初期研修が充実しているので、スキルアップをするのにもいい勤務先だとされています。

医師専門の転職サイトには、非公開求人と呼ばれるものがあります。医師の求人の中でも、比較的年収が高いもの、休日が多いもの、夜勤がないなど、好条件の求人は、募集が殺到することから一般では閲覧することが出来ない非公開求人となっているのです。非公開求人は、転職サイトに登録をするだけで閲覧をすることが出来ます。大学病院のようなもとから求人数の少ない転職先は、人気がある求人が多いですので、転職サイトのコンサルタントにサポートを受けることをお勧めします。転職活動のプロであるコンサルタントは、病院の先生との人脈もありますので、より円滑に転職活動を行うことが出来る可能性も高いと言えるでしょう。



>> 人気ランキングを全て見る