トップページ > 職場別のケーススタディ > 医師が老健へ転職する場合

医師が老健へ転職する場合

老健とは、老人保健施設のことなのですが、今老健では医師の募集が盛んに行われています。ここ数年で一気に高齢化が進み、今では超高齢化社会に突入したと言われています。超高齢化社会においては、この老人保健施設はとても重要な存在になっているのです。

全国各地の老健で、常駐する医師の数が不足しており、医師の転職先として老健はとても有望な勤務先なのです。地方の老健にとどまらず都市部の老健でも医師の求人がたくさんあります。

老健で求人を行っている医師の募集科目は不問のところが多いですので、医師の方が求人に応募しやすいと言われています。常勤・非常勤ともに求人がありますので、週に1日か2日程度しか働けないという方は、非常勤で勤務をすることも出来ます。また、非常勤の場合は、夜勤もありませんので、勤務環境的にも魅力があります。

老健は医師の転職先として魅力的なことが多いのですが、当直やオンコールに対応をしなければならないことから、敬遠されている方もおられます。しかし、当直やオンコールに対応をしなければならない老健ばかりではありません。9時〜17時までの勤務時間のところも意外に多いのです。

医師の方が老健で働かれる場合は、施設長の仕事を兼任しなければならないこともあります。施設長の仕事内容は、老健に入居されている方の健康管理を行うことです。

施設長を兼任しなければならない老健の場合は、当直を行わなくて良い施設が多いので、プライベートの時間を比較的確保しやすい転職先だと言われています。以前は老健で働くのはとてもしんどいと思われていたのですが、そのイメージも変わりつつあります。

老健施設は地方にもたくさんあります。若いときは都会で働かれていた医師の方が、故郷に帰って働かれる転職先としても老健はお勧めの勤務先です。特に非常勤の勤務は、あと数年でリタイヤを考えられている年配の医師の方にも、働きやすい環境だと思います。



>> 人気ランキングを全て見る