トップページ > 職場別のケーススタディ > 地方に転職する医師

地方に転職する医師

僻地と呼ばれる地方に転職しようとする医師は、必ずしも多いとは言えません。しかし、地方では慢性的な医師不足に悩んでおり、多くの患者が医師の存在を待ちわびていると言っても過言ではありません。地方に転職すると、どうしても都会の利便性が失われてしまいます。コンビニはもちろんのこと、スーパーすらも近くにない生活をする可能性があります。また、年収の減少も考えられ、なかなか地方に人が集まりにくい可能性があります。

このように、地方に勤務することで、現在よりも待遇が悪くなるケースがあります。ただし、地方には絶対的に医師が必要とされています。それゆえ、医師としてのやりがいを強く感じられる場所と言っても過言ではありません。もし、やりがいを見失っているのであれば、地方の勤務をすることをおすすめします。

また、まだまだ若い医師にも地方の勤務が推奨されます、地方では多くの経験を積むことができますし、何より家族がいないので、自分の判断で赴くことができるでしょう。都内の大学病院ではなかなか経験をすることがデキない可能性があります。しかし、なんでも自分で行わなければならない地方では、自分のやりがいと医師としての自覚を持つことができるでしょう。

また、完全に地方へ勤務というのがネックというのであれば、短期間の赴任という方法もあります。地方の公立病院であれば、公務員と同じ待遇であり、休日が確保される期待ができます。そのため、あまりの忙しさに辟易している医師は、ぜひとも地方の転職を検討するといいでしょう。

地方の転職を希望しているのであれば、ぜひとも転職支援サイトを活用してみましょう。都会の慌ただしさや医局の上下関係に嫌気をさしているのであれば、ぜひともサイトを活用して、自分にあった地方病院を探してみることをおすすめします。



>> 人気ランキングを全て見る