トップページ > 職場別のケーススタディ > 警察病院に転職をするケース

警察病院に転職をするケース

都道府県の警察協会が運営している病院、それが警察病院と言われるものです。警察病院は、昔は警察官とその家族だけが利用出来る病院として運営をされていたのですが、今では一般の人も診察を受けることが出来ます。主な病院は、東京都と大阪府、京都府に存在します。警察病院では、一般の人の診察も行っていることから、内科、消化器科、循環器科など、幅広い分野の診療を行っています。ですので、医師の求人も頻繁に行われています。警察病院は、治療の実績も豊富で利用者からの評価も高いことから、医師の方の転職先としては人気のあるところなのです。

東京警察病院では、救急科の医師を募集しているようです。救急科に勤務をしたい方や救急科の医療を学びたいという方が対象となっています。救急科は、他の科に比べると過酷な現場のことが多いのですが、週休2日制の勤務体制となっています。また、医師の方に嫌がられる当直ですが、子育て中の方や事情があって当直をすることが出来ない方は、免除してもらうことも可能なのです。救急科以外にも東京警察病院では医師の募集を行っています。

救急科は、数ある病院の科の中でも特殊な現場です。警察病院には、内科や消化器科などの一般的によく利用をされる科の医師の募集も行っています。どの科であっても、当直をしなければならないことがあるのですが、当直をした際は手当が支給されます。警察病院の医師の年収は、1000万円前後のところが多く、医師の平均年収と同じくらいだと思って頂ければと思います。警察病院は、全国にある病院数が少ないので、比較的求人件数も少なくはなってしまいます。

警察病院は、一般の病院とは違い特殊な病院です。そんな警察病院に転職をしたいと思われる場合は、医師専門の転職サイトを利用して転職活動を行うことをお勧めします。転職サイトでは、現在も医師として働かれている利用者に代わって、条件の良い転職先を探して紹介してくれます。また、希望の転職先の病院の雰囲気や人間関係などの、働いてみないと分からないような情報も、転職サイトのコンサルタントが集めてくれるのです。コンサルタントは、転職活動のプロですので、役立つ情報をたくさん教えてくれます。



>> 人気ランキングを全て見る