トップページ > 職場別のケーススタディ > 社医に転職する場合

社医に転職する場合

社医とは、会社や企業の医者として働く人のことを言います。一般的にはあまり知られていない言葉かもしれませんが、求人数は結構あるのです。どんな会社や企業で働くかと言いますと、基本的には保険会社で働くことになります。社医とはどんな仕事をするのかと言いますと、生命保険に加入する人の健康状態を調べたり、保険金が支払われるときの医学的な判断をするのが仕事になります。

他には、社保険審査や社員に医学的知識を教えるということも仕事になります。日本国内にはたくさんの生命保険会社がありますので、頻繁に求人を目にすることが出来ます。

社医として働く最大のメリットとしては、勤務時間が一定であるということです。一般的な会社員と同じで、9時〜17時が勤務時間というところが多いようです。年間休日に関しても、病院の医師よりは多いと言われています。社医になるには、臨床の経験年数や専門的な医学知識は必要ありませんので、医師としての現場経験が少ない20代の医師の転職先として人気があります。家族の時間を大切にしたい、プライベートの時間を充実させたいという方には、向いている職場でしょう。

社医に転職をされる医師のほとんどの方が、病院での過酷な労働が嫌になったという方なのです。総合病院では、夜間や勤務時間外でも呼び出しがあったり、休日もゆっくりすることが出来ないことから、家族を犠牲にしてしまうこともあるのです。そういった方が、病院で働いていたときに抱えていた悩みを解消するために、社医という職種を選ばれるのです。最近では女医の方が増えてきていることもあり、子育て中の方にもこの社医は好まれているようです。

社医の仕事は、医師の仕事の中でも特殊な仕事内容になります。ですので、社医として働きたいという方は、転職サイトを利用して求人を探されることをお勧めします。転職サイトに登録をしておくだけで、たくさんの医師の求人を探すことができ、その中にもちろん社医の仕事もあります。

社医の仕事は、今注目をされている医師の仕事でもあります。病院勤務の医師と違い、規則正しい勤務時間で働くことが出来るので、医師としては魅力的な職場環境なのです。まだまだ知名度が低い職種ではありますが、今後はどんどんと社医として働きたいという方も増えてくると予想されています。社医の求人は人気があることから、転職サイトでも非公開求人として扱われていることが多いです。非公開求人は、転職サイトに登録をすることで閲覧することが出来ます。リクルートドクターズキャリアなどの転職サイトに登録をして、充実した転職活動が出来るようにしましょう。



>> 人気ランキングを全て見る