トップページ > 職場別のケーススタディ > 生命保険会社へ転職して常勤医師に

生命保険会社へ転職して常勤医師に

医師免許を取得し、ローテートが終わるった医師、または、研究職から臨床に変わりたい医師、勤務医を終えた医師、医師にも様々な勤務携帯があります。開業すれば、自由度が増す分、リスクや責任が重くなります。一般的なサラリーマン=制約会社の研究開発では成果を求められます。医師の仕事は、一般的な会社員よりプレッシャーがかかる事が一般的でした。

しかし、生命保険会社の常勤医師募集の労働条件を見たことはあるでしょうか?
確かに、医学的な診断をすることには変わりありませんが、診断をする対象は患者ではありません。保険を申し込む一般の人を診断する事が、標準業務です。他には、社内の啓蒙活動、産業医のお手伝いをすることもあります。

保険会社の常勤医師は、当直や救急患者をみるとはありません。難解な統計学を学ぶ必要もなければ、新薬や治験の責任医師になる必要もありません。基本的に、その会社員に務める他の従業員と同じ勤務時間、週休二日、有給休暇です。保険会社は、国内企業物だけでなく外資系企業もあります。年収も、勤務医と同じかそれより高い場合もあります。

もし今、研究職や臨床現場に自分が合わないと感じていたり、子育て中や家庭の事情で規則て正しい勤務形態の職場を探しているなら、次にあげる転職支援サイトに登録するといいでしょう。

・エムスリーキャリアエージェント
・医師転職ドットコム
・リクルートドクターズキャリア

上記3つのサイトには、専門に特化した情報が厳選されています。このなかに、生命保険会社の求人がない場合は、直接問い合わすことでキャリアコンサルタントがあなたの求める条件に合う生命保険会社を見つけてくれることでしょう。

医師の転職先として、生命保険会社は一般的ではありませんでした。しかし、これからさき、とても魅力的な勤務先として名をあげて行くことは確実です。プライベートも仕事も充実させたい医師にとって、老若男女、年齢を問わず仕事の場を提供してくれます。

開業も、研究職も、勤務医も、何か違うと思うなら、まずは3つのサイトの門を叩いて下さい。広く労働市場を知る専門家が、今現在最も効率的でやりがいのある職場を提供してくれます。現在、生命保険会社の求人が多い地域は、首都圏(東京、大阪、名古屋)です。

首都圏で研修をしてる医師の方、大学勤務を終えた医師の方、子供を持ちたいと考えている医師の方、あなたの活躍の場所は、病院だけではありません。



>> 人気ランキングを全て見る