トップページ > 職場別のケーススタディ > レーシック眼科に転職したい場合

レーシック眼科に転職したい場合

レーシックという治療法は全世界に普及しています。日本でもレーシックのクリニックが数多くなっており、レーシックを行っている眼科医も増えている傾向にあります。レーシックは専門的な知識と技術、機器の取扱いを行う必要があります。それでも、自由診療内で行い、なおかつ注目されている手術方法なので、高い年収が期待されていると言っても過言ではありません。

そのため、眼科医師の転職先としてレーシッククリニックが推奨されています。レーシックは角膜屈折矯正手術といって、1990年頃にアメリカで知られるようになりました。日本に普及しはじめたのは2000年以降のことです。レーシックの医療機器であるエキシマレーザー装置が2000年に承認されたことが発端となっています。

2000年の手術数はおおよそ2万人ほどの規模でした。しかし、患者数はどんどん増え、10年立たずに10倍もの数に増えています。なおかつ、その数はいまだに衰えることなく、これからもレーシック手術を受ける患者数は増えていると考えられています。レーシックは危ないという噂が、インターネットを通じて広まった時期がありますが、高度な手術器具ときちんとした処置をほどこせば、安全に手術が完了して視力回復をすることができます。通常のレーシック手術でトラブルが起きるということはほぼ皆無と言っていいでしょう。

レーシック関連のクリニックでは、高度な技術を持っている医師を絶えず希望しています。そのため、腕のある眼科医師は、引く手あまたと言っても過言ではありません。

医師の年収は高めと言われていますが、レーシックの眼科医師の年収は、それ以上に高めに設定されています。なぜならば、手術を行うにあたって高度な技術が、金額に反映されるからです。優秀な人材は年収2000万円以上を得ることができます。また、休日や夜勤がないという利点もあります。そのため、不規則になりがちな医師の生活のなかで、安定した生活を確保できると言っても過言ではありません。

レーシック眼科医師の求人は絶えず行われており、好条件であることが少なくありません。それゆえ、非公開の求人であることが多い傾向にあります。非公開求人を閲覧したい場合は、医師転職サイトに登録する必要があります。サイトの登録は無料であり、非常に簡単なので、詳細な情報を得るためにぜひとも登録をしておきましょう。

医師転職支援サイトは大手のサイトがたくさんあります。なおかつエージェントやコンサルタントといった、医師の転職プランを組み立ててくれるスタッフが常駐するので、初めての人でも安心してレーシッククリニックに転職することができます。



>> 人気ランキングを全て見る