トップページ > 職場別のケーススタディ > 医師が総合病院に転職をする場合

医師が総合病院に転職をする場合

総合病院に転職することは、医師にとっては難しいことではありません。全国各地に総合病院はたくさんありますし、医師を募集しているところも多いです。また、総合病院は都市部だけでなく、地方にもたくさんありますので、地方の医師が転職をされる場合は、転職先としてとても有望なところなのです。

豆知識なのですが、総合病院は以前は、ベッド数が100以上あり、内科、外科、産婦人科、耳鼻科、眼科の診療科がある病院のことを言っていました。

最近では、医師の方も転職活動をする際に転職サイトを利用されているようです。有名な医師の転職サイトであるリクルートドクターズキャリアでは、総合病院の医師の求人をたくさん見つけることが出来ます。

勤務する診療科も、消化器内科や心療内科、整形外科とたくさんの診療科で求人があります。総合病院で働く医師の年収は、1200万円を超えるところが多く、医師の平均年収よりも高い年収になります。

都市部だけでなく地方でも総合病院の求人はたくさんあります。昔からある老舗の総合病院では、医師の求人を常に行っているようなところもあります。募集をされている診療科も、内科などをはじめとした15の科があり、幅広い層の医師の求人が行われています。また、年齢制限も幅広く、60歳くらいまでは応募が出来るという病院もあります。これは、一般企業では考えられないことです。

総合病院へ転職を考えられている方は、医師専門の転職サイトを利用して、転職活動をされることをお勧めします。転職サイトでは、専任のコンサルタントがあなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。



>> 人気ランキングを全て見る