トップページ > 職場別のケーススタディ > 医師が外資系の企業に転職をする場合

医師が外資系の企業に転職をする場合

医師の免許を持っている方は、外資系の企業に転職をすることが出来ます。外資系の企業は、一般のサラリーマンでも給与が高いと言われていることから、医師の場合も高い給与を見込むことが出来ます。

また、休日数も多いことから、転職先としてはメリットが多いといわれています。医師の採用を行っている外資系企業はどんなところがあるかと言いますと、主には製薬会社になってきます。医師免許を持った人が外資系企業で働く場合は、主に新薬の開発に携わることになります。他には、薬の安勢を調べることもあります。製薬会社で働いている医師は以外に多く、転職サイトにも絶えず求人が掲載されています。

外資系の製薬会社で採用されやすい人材は、まず治験に携わった経験があるかどうかということです。新薬の治験は全国の病院で行われていますので、治験に携わったことのある医師は多いかと思います。経験以外にも、専門分野の豊富な知識を持っている人が求められる傾向があります。

例えば、糖尿病の新薬の開発に力を注いでいる製薬会社ならば、糖尿病の治験に携わった方が優遇されるということがあります。また、外資系の製薬会社で働くには、英語力ももちろん問われることになります。外資系の会社ですので、外国人の方とコミュニケーションを取らなければならないことも多く、それにはやはり英語力が必要になってくるのです。

製薬会社で働く医師には、新薬の開発以外にも市販後安全性評価やマーケティングの仕事を任されることもあります。市販後安全性評価とは、新薬が発売されて実際に治療に使われたときの副作用の調査を行う仕事です。マーケティングとは、新薬のマーケティングを主に行い、新薬が病院で有効に使用されているかの調査を行う仕事です。もし、有効的に活用されていない場合は、その原因と改善策を考えるのも仕事になります。

外資系の製薬会社に転職したいという医師の方は、まず転職サイトを利用することをお勧めします。転職サイトには、外資系の会社の求人がたくさん掲載されています。勤務地はやはり東京が多いのですが、中には関西が勤務地のところもあります。外資系の製薬会社は、給与が日本の製薬会社よりも高いことから、やはり人気が高いようです。

製薬会社の求人は、医師の中でも人気の高い転職先ですので、転職サイトによっては非公開となっていることも多いです。転職サイトに登録をしておけば、こういった非公開の求人も見ることが出来ますので、まずは転職サイトに登録をするようにしましょう。



>> 人気ランキングを全て見る