トップページ > 職場別のケーススタディ > 内視鏡検査を担当するための転職

内視鏡検査を担当するための転職

予防医学が浸透した現在、消化器科や内科の看板を掲げる小さな町のクリニックでも内視鏡検査を提供するところが増えています。もちろん、人間ドックや健康診断などを行う大学病院や地域の中核病院にも内視鏡検査の需要は年々増加しています。さらに、老人保健施設でもニーズがあります。老人保健施設で必要とされるスキルは、経鼻内視鏡検査が多いです。

老人保健施設では、入居者の健康維持とともに、嘔吐などによる誤嚥性肺炎にも気をつけなければなりません。そこで、通常の病院とは少し運用が異なるところがあります。今後の高齢化社会では、移動困難な高齢者が増えますから、ますます需要が増えることが想像に難くありません。

上述したように、内視鏡を扱うには、スキルが必要です。すでにスキルがある医師も、その腕を振るわなければスキルを維持することは難しいでしょうし、これからスキルを磨きたい医師は、より内視鏡検査を受け持ちたいでしょう。

また、今現在の勤務形態で勤務することが難しくなったとき、ピンポイントで内視鏡検査を担当したいと考える医師もいると思います。そんな時には、転職支援の専門家の協力を仰ぐことで、転職後のミスマッチを避けることが出来ます。転職支援を受けたいと思ったり、ちょっと興味を持って頂けたら、大手の転職サイトの内、医師の転職を扱っているところに登録することをお勧めします。

有名なサイトを紹介すると、

1. エムスリーキャリアエージェント
2. 医師転職ドットコム
3. リクルートドクターズキャリア

の3つです。

これらの転職サイトは、常駐のキャリアコンサルタントを有しています。もしお目当ての求人が見つからなくても、希望勤務条件を相談することで、希望に沿った勤務先を見つけてくれます。忙しい毎日で、転職活動が思うように進められない人にも、漠然と今の勤務形態に不安がある人も、スキルを磨きたい人も、すべての内視鏡検査を扱う医師にとって、有益な情報、サービスを提供してくれる存在が転職支援サイトです。

長い医師人生の中では、常勤だけでなく非常勤で仕事をしたい時もあるでしょう。特に、子育て中なら非常勤での勤務を希望される方は多いと思います。内視鏡検査の求人は、首都圏に限らず、全国で募集されています。

常勤職希望でも、非常勤希望でも、内視鏡検査に携わりたいのならば、あなたの希望と状態を理解してくれる専門知識をもつコンサルタントとぜひ上記サイトで出会ってください。コンサルタントは、転職後の人生が豊かになることを仕事の成果としていますから、一人で転職活動をするよりもずっと実り大き転職になることでしょう。



>> 人気ランキングを全て見る