トップページ > 職場別のケーススタディ > 老人ホームへ転職する場合

老人ホームへ転職する場合

高齢化が進んでいることから、老人ホームで働く医師の求人が増えてきています。老人ホームは、医師の方の転職先として、今注目を集めているのです。老人ホームとは、65歳以上の高齢者の方に生活サービスを提供する施設のことを言います。老人福祉施設とは少し違うのです。老人ホームで行われている生活サービスの中には、医療に関するサービスも含まれています。ですので、老人ホームによっては医師が常駐しているところもあるのです。

老人ホームで働く医師の主な仕事は、入居者の健康管理です。その他にも、施設長の仕事や施設管理者の募集を行うことも仕事のところが多くなってきています。

老人ホームで働いている人は、常に忙しく動かなければならず、なかなかプライベートの時間も作れないと思われがちですが、最近ではプライベートと仕事をきっちりと分けるところが増えてきています。医師が嫌う当直やオンコール対応がない老人ホームも中にはあります。オンコールがある老人ホームはその分給与が高いという特徴があります。また、夜間のオンコールの仕事を任されるところもあり、そういった老人ホームでは、夜間だけ人員を増やして1人1人の負担が少なくて済むような工夫をされています。

老人ホームに勤務をした場合は、高齢者の方ばかりの診療を行いますので、担当する科は老人内科や一般内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科などというものが多いです。



>> 人気ランキングを全て見る