トップページ > 職場別のケーススタディ > 診療所に転職したい場合は?

診療所に転職したい場合は?

診療所と病院はどこがちがうのかというと、病床数が大きく関わってきます。病床数19床以下の医療施設のことを診療所と呼び、それを超える施設のことを病院と呼びます。診療所は個人経営のところも多いですが、地方では重要な医療拠点の役割も担っているところも多く、診療所の医師の求人も多く出されています。

診療所のなかには、自治体が運営しているところもあります。それは、地方医療にとって重要な位置づけの診療所があるからです。そのため、地方に転職するのであれば、診療所を候補にあげることをおすすめします。地方の診療所では、地域の医療を下支えする役割を担っており、多種多様な経験ができると言っても過言ではありません。

もし、診療所に転職を考えているのであれば、診療所の仕事をよく知っておきましょう。地域密着型の診療所で勤務する場合、内科は医療の中心となります。内科一般と言いつつ、どちらかというと総合医療のような役割を担っています。それゆえ、地方の患者さんひとりひとりに接することができます。

だからこそ、患者さんの回復する様子を見ることができ、医師としてのやりがいにつなげることができます。それゆえ、都会に勤務していた医師が、自分の故郷での開業を志すことが多いようです。

しかし、診療所の医師求人はなかなか世の中に出回りません。もし、診療所のホットな求人情報を手にしたいと思うのであれば、医師転職サイトを確認するといいでしょう。医師転職サイトはあらゆる医師求人を網羅しており、診療所の医師求人の情報も多数掲載しています。それゆえ、自分の納得できる働きをすることができます。

また、医師転職サイトには相談員やコンサルティングがいるので、まだ経験したことのない地方の診療所の情報などを、事細かに提供してくれます。また、自分の望みや希望を伝えることで、より満足のいく診療所に転職することができます。



>> 人気ランキングを全て見る