トップページ > 医師転職入門ガイド > 優遇税制が活用できる医師

優遇税制が活用できる医師

医師の優遇税制で節税を狙う
医師の優遇税制をご存じでしょうか。平たく言うと、年間の報酬の最大72パーセントが経費として認められる制度のことを指します。これは個人事業主として医院を開業する場合に適応され、非常に有効な節税対策となります。

この優遇税制が適用できる医院は少なく、なかなか実現には至らないケースが多いようですが、工夫をすることによって優遇税制を受けることができます。そのためにはノウハウを手に入れ、徹底的にシミュレーションを行うことが大切です。

医師の優遇税制の恩恵を享受するために
個人事業主の課税対象額の計算の仕方は、売上−経費−その他出費=課税対象額になります。例えば、1000万円の売り上げに経費が500万円かかったとしたら、500万円が所得になり、課税対象になります。課税対象額からは、社会保険料や生命保険料などを差引、なおかつ38万円の基礎控除を差し引きます。もし、配偶者がいれば配偶者控除を受けることができます。この残った金額に所得税や住民税がかけられます。

これが一般的な課税所得額の計算ですが、開業医となると、そもそも最初の経費の計算式が異なってきます。たとえば、1000万円の報酬に対して、経費は500万円であるのが一緒だとしましょう。しかし、開業医の場合は売上の72パーセントを経費として計上できます。つまり、本来は500万円の所得とみなされるのが、開業医の場合は280万円が所得としてみなされます。ここから税金の差引が行われるので、結果的に所得税や住民税などが軽減されます。これが医師の優遇税制です。しかし、この税制を受けるためには、ちょっとした工夫をしなければいけません。

優遇税制を適応されるために趣向を凝らす

税制優遇を受けるためには、年間の売上額の制限があります、売上額、つまり診療報酬が5000万円以下にとどめなくてはいけないという決まりがあります。これを超えてしまうと、医師の税制優遇を受けることができないので注意が必要です。通常の経営を行ってしまえば、診療報酬の5000万円超えは非常に簡単に超えてしまいます。

そのため、何かしらの手を打たなくてはいけません。どこでぜひ活用したいのが院外薬局です。院外薬局とは、病院以外で薬を処方することを指し、医療と薬を分けるという風潮がある昨今、この院外薬局は通常の流れとなりつつあります。この院外薬局を活用すれば、5000万円にすることも夢ではありません。

開業医になるためには、医師としての腕はもちろんのこと、経理や税制利用などの経営知識も身に着けなければいけません。



>> 人気ランキングを全て見る