トップページ > 医師転職入門ガイド > 女性医師の割合はどれくらい?

女性医師の割合はどれくらい?

医療現場を救うのは女性医師の躍進
医師不足が叫ばれている昨今で、女性の医師は着実に数を伸ばしています。医師合格者を見てみると、女性が占める割合は多くなっています。確かに全体の医師数から見ると、大きく増えているとはいいがたいのですが、特に若い医師のなかでは女性の割合が多くなっているのは事実です。今、医療現場のなかで女性医師の活躍が期待されています。

しかし、医師免許を持っている女性たちがすべて活躍しているというとそうではありません。結婚したり、子どもを出産したりと、女性は家庭を守らないといけないという風習が日本ではあります。そのため、せっかく医師免許という尊い資格を持っているにかかわらず、生かし切れていないのが現状です。

もし、医療現場から遠ざかって久しいという女性医師がいたら、職場復帰を考えてみてはいかがでしょうか。本当に大丈夫かどうか不安に思っている人もいるでしょう。そんなときは医師転職サイトを活用するといいでしょう。

女性の医師は増加傾向にある

もともと医師のなかで女性の占める割合は少なく、1975年の時点では1割程度でした。しかし、2008年ともなると2割近くまで上昇し、若い世代と言われる29歳以下の女性医師は、実に3割5分ほどにも達しています。反対に、70歳以上の女性医師は1割にも満たない現状があります。つまり、若い世代になればなるほど、女性医師は増えていき、全体の傾向として増加しつつあると言えるでしょう。

近年の医師免許を合格する女性の割合は3割以上を確保しています。それゆえ、いずれは医師のなかで女性が占める割合は増えていき、結果として4割程度の医師が女性となる日もそう遠くはないとみられています。また、医療業界における女性医師の進出が、医師の人数を押し上げる要因となっています。

しかし、それでも日本は医師不足に悩まされていると言っても過言ではありません。人口に対して医師数が絶対的に足りないところが多く、人口10万人において医師数が200人切ることも珍しくはありません。特に関東や中部に医師不足が問題として挙がっており、埼玉や茨城、千葉、静岡、愛知などが不足していると言われています。原因として、医師免許を持っているのに活用できていない人が存在しているからとも考えられています。家庭のために、一端は現場を退いた女性医師の活躍が求められていると言っても過言ではありません。

転職支援サイトは女性医師復帰に大いに役立つ
今、転職や服飾をする人は転職支援サイトを活用しています。転職支援サイトは無料で登録できるうえに、迅速に希望通りの求人情報を提供してくれます。これらの面接やダンドリに不安を覚えても安心です。

すべて転職支援サイトのスタッフが行ってくれます。求人情報も豊富で、非常勤や常勤、スポットなどがあり、あなたに合ったものを選んでくれます。そのため、子育て中の女性医師も安心して就職をすることができます。



>> 人気ランキングを全て見る