トップページ > 医師転職入門ガイド > 製薬会社に転職するケース

製薬会社に転職するケース

病院で患者さん1人1人の診療をすることに疲れてしまったという方は、製薬会社でメディカルドクターとして働くということも出来ます。

製薬会社に勤務をするメディカルドクターのメリットとは
病院で患者さんの診療や治療を行う医師は、年中忙しくプライベートも楽しむことが出来ないという方もおられます。そういった方は、製薬会社へ転職するという方法があります。製薬会社では、直接患者さんを治療するのではなく、薬の開発と普及で多くの人の命を救うのが主な仕事になります。

たくさんのスタッフと協力をしながら薬の開発を進めていくので、充実感を存分に味わうことが出来ます。また、海外の関係機関とも連携して作業を行なうことから、英語力を生かすことも出来ます。製薬会社にとって現場の経験がある医師はとても貴重な人材になるので、会社の同僚などからも頼りになる存在として一目置かれるでしょう。会社ですので、就業時間をきっちりと守ることから、プライベートも充実させることが出来るでしょう。

転職支援サイトに掲載している製薬会社の求人

製薬会社の求人情報も医師専門の転職支援サイトには数多く掲載されています。製薬会社では、現場経験が豊富な医師を優先して採用しており、年収1500万円以上の求人が多くあります。

製薬会社で特に求められている能力は、コミュニケーション能力はもちろんのこと、臨床経験や専門分野の医学的知識、医薬品についての深い見識、高い英語力、チャレンジ精神、ビジネスセンスなどです。製薬会社は医局と全く違う世界です。仲間などとコミュニケーションを取りながら仕事が出来る社交的な人に向いている職場です。

製薬会社のメディカルドクターには転職支援サイトを活用しよう
医師としての能力を生かす現場は、病院以外にも存在します。重苦しい医局から解放されたいという方は、製薬会社に転職をされることをお勧めします。転職支援サイトでは、製薬会社のメディカルドクターの求人を多数掲載しています。まずは転職支援サイトに登録をして、コンサルタントに相談をしてみて下さい。コンサルタントはあなたに合った魅力的な求人をたくさん用意してくれます。



>> 人気ランキングを全て見る