トップページ > 医師転職入門ガイド > 転職未経験の医師の方に必要な事

転職未経験の医師の方に必要な事

転職に必要なのはなによりも情報収集です。これは、医師の転職の場合でも変わりません。医師は責任の重い専門職なため、単発やアルバイトはともかく、常勤の病院をあまり頻繁に変わることは、信用の面でもキャリアアップの面でも歓迎すべきことではないので、できるだけ自分の希望の条件にあった職場へ転職したいと考えるのは当然のことです。

さて、転職の経験がない場合、まず情報収集の段階で「時間がない」「よさそうな職場がない」とつまずいてしまうことも多いのですが、まずは闇雲に探し始める前に、自分の人生設計についてしっかりと考えてみることが大事です。いつ頃までに開業したいのか、子どもたちにお金がかかる時期はいつか、今の職場に対する不満は何か、将来のためにこういったキャリアを積んでみたい、といった自分自身の希望や目標がはっきりすると、おのずと転職先の職場に必要な条件もみえてくるというものです。

希望の条件が決まれば次はいよいよ情報収集です。まずは公開されている求人を参考のために見回ってみるのもいいかと思いますが、医師の求人においては、優良な人気求人であればあるほど、応募の殺到を防ぐために一般には公開されていない非公開求人として扱われていることも多いので、まずは人材紹介会社や、転職サポートサイト等へ会員登録をすることをおすすめします。

会員登録や求人紹介に費用はかからないところがほとんどですし、登録をすると先ほどの非公開求人の情報が提供されるだけでなく、求人情報のピックアップから実際のマッチング、インタビューの設定、細かい条件の交渉など、多岐にわたってスタッフのサポートを受けられるところも多いです。

これはいいという求人がみつかればいよいよ応募することになります。サポートスタッフは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方についても、質問ができたり、アドバイスを受けられたりします。面接までの段階で双方の条件がすりあわなかったり、求める人材、職場胃でないということがわかれば別の求人をあらためて探すことになりますし、雇用が決定されれば転職成功ということになります。雇用が決定すると、人材紹介会社は雇用先から紹介料を支払ってもらう、という仕組みになっています。

文章にしてみると比較的あっさりした流れになっていますが、これを全て個人で、ハードな業務と並行して行っていくのはなかなかに大変なことであり、転職が初めての方ならなおさらです。転職情報サイトや会社は数多くありますので、初めて選ぶ時には、専任でスタッフがついてくれるところや、地域ごとのプロフェッショナルがいるところなど、できるだけサポートの手厚いところに登録してみるのもいいのではないかと思います。



>> 人気ランキングを全て見る