トップページ > 医師転職入門ガイド > 医師が転職活動で失敗しないために

医師が転職活動で失敗しないために

・優先順位を決めておかないと転職に失敗をする
医師の売り手市場はここ数年続いています。医師免許を取得していれば、仕事がないということはまずありません。倫理に反する行為を行った方や医療業界のブラックリストに載っているような方は、もちろん別の話になりますが。きちんと医師として仕事をされている方でしたら、転職先を見つけられないということはまずないでしょう。

しかし、地域によっても医師の需要には差があります。東京や神奈川、埼玉、大阪、愛知、福岡などの大都市圏の大きな病院では、転職先として選ぶ医師の方も多いので、病院側も医師を選んで採用を行っています。それでも大都市圏で働きたいという方は、雇用条件の優先順位をしっかりと決めておく必要があります。何が譲れる条件で、何が絶対に譲れない条件なのかを、はっきりと決めておいて下さい。

雇用条件の優先順位を決める際は、家族がおられる方は家族にも相談をするようにして下さい。家族の了承なしで勝手に決めてしまうと、家族間でトラブルが発生してしまう可能性もあります。あなたの転職先の決定次第で家族の人生も大きく変わってしまうこともありますので。

転職で失敗しないためには、転職のプロを見つけよう

転職活動に失敗をする人は大体決まっています。まず、なぜ転職をするのかその理由がはっきりしていない人、家族と転職について話し合いをしていない人、求人情報の収集を行っていない人、自分のキャリアやアピール点を把握していない人が、転職活動に失敗する傾向があります。

自分自身でも求人情報をしっかりと集める、自分が今まで医師として働きどんなことをしてきたのかをじっくり考える、なぜ転職をしようと思ったのかその理由を明確にする、転職をすることに対して家族の了承を得るなど、転職活動をする前にしておかなければならないことはたくさんあります。

そういったことが1人では出来ないという方は、転職支援サイトを利用することを検討しましょう。転職支援サイトに登録をすると、専属のコーディネーターがつき、あなたの転職活動をサポートしてくれます。コーディネーターは転職活動のプロですので、相談に色々と乗ってくれ、アドバイスを受けることも出来ます。

サイトに登録をしても、個人情報はきちんと守りますので、安心をして下さい。転職活動で失敗をしたくなければ、転職支援サイトに登録をして、転職活動のプロであるコーディネーターのサポートを受けて下さい。



>> 人気ランキングを全て見る