トップページ > 医師転職入門ガイド > 医師と医者はどこがどう違う?

医師と医者はどこがどう違う?

医師免許は一生。医者は常に現場に立ち会わなくては名乗れない。
医師と医者の違いはご存じでしょうか。正確に言うと、二者の明確な違いはありません。広辞苑でも医師と医者は同じニュアンスで説明されています。

しかし、医師は正式名称という意味合いが強く、医師免許を持っている人すべてのことを指します。医者は臨床という現場で働いている現役の医師を指すことが多いようです。

「医師」と「医者」の大きな違い
医師と医者の違いはいったい何なのでしょうか。広辞苑を見ても、医師も医者も同じです。違いは医師免許という前提があるか否かです。これを解明するには、第三者の目が必要と言えます。

ブラックジャックは医者です。しかし、医師免許を取得していないので、医師ではありません。しかし、患者から見たらブラックジャックは医者であり、通常の医師以上に尊敬し、頼るべき存在です。病気の治療を行い続ける医者は、資格を持っていて病気の治療を行わない・もしくは行えない医師よりも、はるかに患者や社会に貢献していると言えるでしょう。

だからこそ、医者であり続けましょう
医師は定年がありません。それゆえ、働き続けることができます。人々に貢献する医者であることができるのです。医療不足が叫ばれている中で、少しでも多くの医者の存在が求められています。医師免許を持ちながら、その免許を活用しないのは実にもったいないことです。

もし、転職サイトなどで医師の募集求人を確認すれば、引く手あまたと言っても過言ではありません。多くの人があなたの活躍を待ちわびています。



>> 人気ランキングを全て見る