トップページ > 医師転職入門ガイド > 復帰の際にブランクが気になる先生方へ

復帰の際にブランクが気になる先生方へ

女性の先生の中には出産や子育てのために一時的に臨床の現場を離れなければならない事態が出てくる事もあります。そういった場合に復帰をするのをためらわれることも多いかと思われます。

出産のために2〜3ヶ月程度や一年未満であれば復帰もそれほど負担にならないと思われますが、2〜3年臨床現場を離れていた場合、技術や医療機器の進歩、新薬への対応、新しい治療法への対応などいろいろな変化があり復帰の際に覚え直さなければならないなど先生方の負担になってきます。

このような対応へのために復職を躊躇されている先生方のためにいろいろなサポートが用意されています。

1つは、医師向けの復職支援のプログラムやセミナー、女性医師のための復職支援事業など各県の医師会が行っているところがあります。こういったものを利用すると良いでしょう。利用することにより段階的な現場復帰もできます。また最新の医療情報を見ることができ、インターネットを利用した教育支援システム(e-ラーニング)などを取り入れているところもあります。また各都道府県でもこのような取り組みを行っているところもあります。このような復職プログラムは各県の医師会だけでなく人材紹介会社も行っており、内容も充実しています。

医師国家試験の女性数は1/3いると言われており、就労支援が課題となっている現状もあるため復職がしやすい環境が出来つつあります。

このような復職支援プログラムを利用して復職できるようになったら次は希望条件にあった職場探しです。

転職支援サイトや、人材紹介会社に登録すると専門のスタッフがキャリアや希望条件にあった職場を探してくれます。24時間対応の託児所があったり、土日祝日休みの勤務先、当直なしの勤務先やオンコールなし等の条件で勤務先を選ぶこともできます。勤務条件などの交渉もスタッフが行ってくれるところもあります。また就職後の相談などにも乗ってもらえます。

家事育児など忙しい女性医師が安心して子育てのできる環境の勤務先にめぐりあえば復職後も長く働くことができると思われます。

出産子育てを機に復職できない女性医師が半数近くいると言われています。このような背景には、ブランクによる知識や技術の遅れによる不安、家事育児などで忙しい事、職場の人に迷惑をかけるかもしれないといった不安などが挙げられます。

このような不安を取り除き一人でも多くの女性医師が社会復帰していただければ、現代の医師不足を解消することができると考えられます。

このような転職サイトや人材紹介会社を利用することでストレスなくスムーズな社会復帰ができるようになればと願っています。



>> 人気ランキングを全て見る